スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三度目の正直、魚釣り①

どうも、買ったばかりのジーンズが早速破けました、やずるです。

なかなかショックだったのです。とあるところに腰をかけていて、よっこらしょって勢いよく立ち上がったら「ビリ!」っていいまして。針金に引っかかってしまった模様。太ももの裏辺りに、長方形でも平行四辺形でもなく台形でもない、日能研の子どもたちがついつい面積を求めたくなっちゃうような形の四角い穴が開きましたとさ。でも裁縫屋のおばちゃんが、あっという間に裏布当てて直してくれましたよ。めでたしめでたし。

そんなことは置いておき、先日の日曜日に、またもや釣りに行って来たのです。ボリビアには海がないので、釣りといえば川か湖かダムか池かと言ったところです。僕の住んでいる町ビジャモンテは、実に魚で有名なところなのです。ここの川で取れた魚はボリビア国内だけでなく、ほかの南アメリカの国にも輸出されてるんだとかいないんだとか。

シーズンはちょっとばかし過ぎてしまいましたが、この日は川釣りをすることに。ここに来てから3回目の釣り。1回目は全く何も釣れず、雨に降られそうになって大慌てで退散。2回目はつれたは釣れたけども、サイズが親指くらい(笑)
まあどちらも全くのシーズン外だったので仕方がなし・・・。

ってなわけで、今度こそは!という思いを胸に秘めつつ行って来たのです。

昼になると太陽に焼かれてしまうので、朝5時起きで集合。メンツはフェルナンド(♂26歳)、エベル(♂26歳)、ホスエ(♂11歳)、ホスエの父(♂50歳くらい)とヤズル(♂20歳)の5人。

この4人のボリビア人、実にユカイな人たちなのです。川に集合してから、釣りを開始するまでの会話はこんな感じ・・・

フェルナンド「あ~今日は晴れて良かったな~最高の天気だぜ、ちきしょう。」
エベル   「暑くなりそうだな・・・サイアクだ。ちきしょう、くそ。」
ホスエ父  「おい誰か、ちきしょう、おれの帽子知らないか?」
フェルナンド「ああ、ちきしょう、腹が減ったぜ!」
ホスエ父  「俺の帽子がないぞ!ちきしょう、くそ。なんで誰も持ってきてないんだよ。わざわざテレビの上に置いておいたのに・・・。」
ホスエ   「釣竿どこ?」
エベル   「おいあそこ!くそでかい魚が跳ねたぞ、ちきしょう!」
ホスエ父  「釣竿もなけりゃあ帽子もない?はん、いい一日になりそうだぜ、ちきしょう。」

(「mierda」を「ちきしょう」、「carajo」を「くそ」と翻訳しました)



・・・こんな感じで、自分のしゃべりたいことだけしゃべってる感じなのです。聞いていて僕は一人勝手に笑ってました。

とまあなんだかんだいいながら、男5人のむさ苦しい川釣りの、始まり始まりなのでありました・・・

次回に続く。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

どぅも!!京男改め振り返り美人です♪笑)

あたな20歳ちゃうよな…年齢詐称やんか!!!笑)

ボリビア人は江戸っ子みたいな感じなんやな。『テヤンディ』みたいなw(゜o゜)w

日本に帰るまでにその面積求めといてな☆
あっ!!昨日佐々木さんが旅立ったよ(^^)v

No title

京男

振り返り美人とか、ほんとやめてください。船酔いしたときよりも吐きそうです(笑)
あ、年齢詐称の小さな嘘、突っ込んでくれてありがとう!気持ちだけはいつも若々しくありたいという気合の表れですよ。
ささくくん、ついに旅立ちね~。先日メーリスみましたよ。まあ彼女のことだから世界のどこでもユカイにやっていくんじゃないでしょうか!向こうの生活の話を聞くのが楽しみね!
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。