スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな犯罪、大きな教訓

どうも、趣味は掃除と洗濯です、やずるです。

本日の出来事。いつもどおりの早起きをして、天気が快晴だったので軽く洗濯をしたのです。そのついでに、普段履いているナイキのスニーカーを洗ってみたのです。日本で買って、ずっとこっちで使ってるやつ。あんまりボリビアではないデザインらしくって、色んな人から「それ、どこで買ったの?」とか、「日本に帰るとき置いてって」とか言われます(笑)

そんなスニーカー。久々に洗われて気持ちよさそうだったのです。んで、洗濯物と一緒に家の前の日の当たるところに干しておいたのです。
いつも同僚が家の前までジープで迎えに来てくれて、それに乗って一緒に農場に向かうのですが、その日干してある僕の靴を見て「あの靴、家の中においておかないと危ないぜ」って忠告してくれました。

「だ~じょぶ!だ~じょぶ!ここは安全地帯だから!」と言って、同僚の忠告を聞かないやずる。
何しろ僕の家はひとつの施設の中にあるのです。施設に入るには門番のいるトビラを通らなきゃいけないし(門番はいないことも多し)、僕の家はわりと奥まったところにあるので、今まで空き巣はおろか、家の前に置いてある何かを盗られる心配なんてしたことなかったのです。こどもたちが通学のための近道に施設の中を通ってくけども、僕の家の近くまで来ることってのはまずないし。



ところがところが、仕事から帰ってみると、見事に靴がなくなっておりました(笑)


「キレイさっぱり」という表現は1足の靴に対して使うのは間違ってる気がしますが、そのとき僕の感じたのは、靴がキレイさっぱりなくなってる!って感じでしたよ。一緒に干してあった洗濯物は全て無事でした。でも残された洗濯物たちは若干寂しげに見えましたよ。「俺たちにだって価値はあるんだぜ。靴と一緒に連れてってくれてもいいじゃないか」って言ってるように見えました(笑)

まさかのまさかが起きました。まあ明らかに同僚の忠告を聞かなかった僕に落ち度があるのです。それにしても、もう1年近くも使っているなかなか年季の入ったスニーカー。まさか盗られるとは思ってなかったな~。

ただ、もし消えたのが福沢諭吉さんを数名動員しなけりゃ買えないようなプレミアつきのスニーカーだったらなかなかショックだっただろうけども、それは大して高くもない普通の靴だったのですぐ諦めがつきました。残念だけども仕方がない!これからは外にモノを置かないようにしよう!ってかなくなったのが靴一足で済んで良かった!そんで誰かがプレゼントしてくれた思い出の靴とかでなくって良かった!うん、今日も僕はラッキーなのです!ってかこれはきっと、「ボリビア生活に慣れて来たのはいいが、注意を怠るなよ。同僚の忠告にもちゃんと耳を傾けるように」っていう神様だか仏さまだかご先祖さまだかからのメッセージに違いない!はい!気を引き締めなおします!

とそんなこんなで、またひとつ経験を通して教訓を得た、とある洗濯日和な一日でした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。