スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不満な習慣

どうも、トイレの便座なしの生活を続けています、やずるです。

アパートに引っ越ししてからというもの、トイレの便座がありません。おまけにタンクが壊れてて水が貯められないので、毎回毎回用を足す度にバケツに水を貯めてサバーっと流し込むのです。

食事をしながらこのブログを見ている人っていないですよね?いたらすいません。できるだけその光景を想像しないようにしてください!
あ、この話のついでに、ボリビアではトイレに紙を流せないので(すぐパイプが詰まっちゃうらしい)、大抵便器の横にゴミ箱がひとつ置いてあってそこに紙を捨てるのです。これ、結構途上国では普通みたいなんですけど、僕は全く知らなかったです。そして最初はかなり抵抗がありましたよ。今でもちょっとばかしあるケド。

っとこのように、生活自体にはだんだんと慣れては来ているんですが、まだまだその習慣に慣れ切れてない部分もあるのです。

例えば慣れることの出来ないのは、町の人たちがゴミをポイ捨てする光景。大人も子供も、すぐに道端にゴミを捨てます。歩いて3歩のところにゴミ箱があるのに、食べ終わったお菓子の袋をそのまま足元に落とす。飲み終わったペットボトルを道路に投げ捨てる。レストランのおばちゃんはビンの王冠をそのまま地面に落とす。なんで?って思う。そんなわけで、歩いていると随分沢山のゴミが落ちています。みんな自分の店の前は掃除するけど、それ以外のところには無関心みたいですね~。

この前も友達2人と歩いていて、途中でビニールに入ってるジュースを買って飲んでたんですよ。彼らは飲み終わったビニールの袋を当然のように足元に投げ捨てて歩き続けたんで、なんか嫌な気分になって、僕がそれらを拾ってやりました。
「そこに投げとけばいいよ~」って言われたけど、
「環境汚染は嫌いなんだ!」
って言って近くのゴミ箱に捨てときました。

こういう文化…っていうかマナーの違いってものすべて教育なんだろうなって思います。そりゃあ子供のころから周りの大人がポイ捨てしてたら、自分もそういう大人になっちゃうんだろうな~。でも少なくともここにいる限り、僕はその感覚に慣れたくないですね!

なんてちょっとばかし偽善者っぽい日記を書いてみたある扇風機なしでは生きられない夜でした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

食事の15分前にブログを読んでしまいました。
もう食前にはtaiさんのブログ読みません。笑

No title

まー紙があるだけまとも、流せるだけまともで候

No title

>MR.ねがおぷ
あ、あんまりこういうネタは書かないようにします!

>さむらい
そうね!トイレがあるだけまともだと思うようにします!コロンビアは紙がない!?
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。