スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業体験な一日①

どうも、ブラックジャック気取りです、やずるです。

前回のエントリで、「居残りサッカー大会をやってるぜ」って話を書きました。

とある普通な一日。いつもどおり、授業のあとに、「はい、じゃあサッカー大会やりたいひとは、コートに集合!」って運びになりましたとさ。まあコートっていっても、フットサルコートくらいのサイズ。5人もプレーすればいっぱいになるのですよ。20人の参加希望者の子どもたちを、4チームに分けて試合開始!いつもどおり僕は審判をするのです。

試合開始から3分程度。アウレリオっていう、キーパーをやっていた9歳の男の子が、泣きそうな顔で僕のところにやってきたのです。あれ?キーパーはどうした?って思ったら、「先生―、怪我しちゃったよー」って言って、半べそをかき出したのです。

見てみると、足の裏から出血してるではありませんか!大きめのトゲでも踏んじゃったのかな?とにかく、手当てしてやんなきゃね。

他の子たちには、「試合していないチームの人が審判をすること!ホイッスル貸してやるから!」ってとりあえず言い残して、審判を放棄。アウレリオをおんぶして、教室までつれていく。

とりあえずイスに腰掛けさせて、足の裏の傷口を洗浄。刺さってるトゲを抜く。まだポタポタと血が流れてくるので、脱脂綿と、日本の科学が生んだ文明の利器・マキロンで消毒する。

痛いだろうに、その間も必死に堪えるアウレリオ。マキロン、なかなかしみるよね。わかるわかる。もうちょいガマン!
脱脂綿でしばらく押さえていたら血は止まったので、でっかい絆創膏を貼って治療は完了!

アウレリオ半べそから一転、笑顔を見せる。ふー、一安心。よかったよかった。誰かが「医者になろう」って決心する瞬間って、案外こういう些細なことかもしれんですね。



というわけで、めでたしめでたし!


ってここでアウレリオの苦難は一山越したわけなんですが、僕の苦難は新たにここからはじまるのでした・・・。

次回に続く。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。