スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の一員・フィフティーン②

前回からの続き。




マリの15歳の誕生日パーティーを楽しく過ごす。主役とその家族は忙しいらしく、次々と色んなテーブルを回りながら挨拶したり飲み物や食べ物を配ったり。

やがてパーティーも終盤。会場の一番正面に飾ってあった、直径50センチほどのでっかいケーキ3つ(きれいにデコレートされている)を、切りわけましょうってことに。

でも、せっかくこんなステキなケーキがあるんだから、切っちゃう前に写真撮影しましょうよ!ってことで、お客さんたちがかわるがわるケーキの前でマリを囲み、写真を撮っていく・・・。

こりゃあケーキにありつくまで、随分時間がかかりそうだなーなんて思いながら、遠目にその撮影会を眺めていたのです。

すると、いきなりマリに名前を呼ばれる。

「ちょっとやずるこっちに来て!一緒に写真撮ろうよ!」だって。

いやいや、僕は写真撮られるより撮るほうが好きですから、またの機会に・・・。ホント苦手なんですよ。もはやプリクラとか苦行の域に達してますね。え?どうしても?んー、しゃーないなー。じゃあ今日は特別にね!なんたって誕生日だもんね!あ、でも恥ずかしいから2ショットとか勘弁して。他の先生と一緒にね。

ってわけで、もう一人の先生と一緒にマリをはさんで、でっかいケーキの前でみんなで肩組んで写真撮影!笑って笑って!1、2、3、ウイスキー!(ウイスキーは写真のときの掛け声。自然と口が笑うでしょ?)

はい、撮影終了!おつかれさまでしたー!
マリと組んでいた腕を下ろす。と、そのとき。

なんだか一瞬、冷たい感覚が僕の手の甲に走ったのです。

あれ?なんだ?って思って手をみると・・・






その手の甲には、真っ白なケーキのクリームがべったり!

そして我々の後ろには、僕の手によって見事にクリームがえぐられた、まだカットすらされていない、処女雪のように真っ白だったケーキが、大穴あいた状態で静かにたたずんでいたのでした・・・。




・・・ガビーン!




マジかよ!ふざけんなよ俺の左手!
つーかケーキが後ろにあるの知ってただろうがよ!俺のバカヤロー!

まだこの事態には誰も気づいてない様子。でも、もうこうなったら謝るしかないですよね。


「ごめんマリ!ケーキ触っちゃった!」
ってでかい声で言ったら、周りのお客さんたちの注意を引いたらしく、一瞬にして僕に視線が集まる。左手についた白いクリームを見て、何が起きたかを察した様子・・・。


・・・次の瞬間、


会場は爆笑の渦に包まれたのでした(笑)


「やずるはカラテカだから、ケーキを素手で割る練習をしたんだよね」って言ってくるマリのお母さん。ホントすんません。お恥ずかしい限りです。静かな雰囲気のパーティーを、台無しにしてしまいましたね・・・。
不幸中の幸いで、マリもその家族も笑って許してくれましたよ。

マリにいたっては、手にクリームがついている状態の僕と、もう一枚写真を撮りたいと言い出す始末・・・。恥の上塗り。勘弁してくださいな。

そんなこんなでパーティー終了。


そして後日、そのパーティーに来ていなかったはずの生徒たちから、「先生、ケーキを空手で割ろうとしたんでしょ?」ってバカにされました。ちきちょー、田舎ってやつはウワサが回るのが早いぜ。



と、そんなこんなで、「ケーキの手の日本人」として、村で知れ渡られつつある、とある俺のバカヤロー日和でした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。