スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の作品、未来の確信

どうも、座右の銘は、「継続は苦手なり」です、やずるです。

なんだキャンだ言いながら(←知っている人は知っている表現)ブログを書き始めてから、もうすぐ2年。かつては三日坊主選手権・関東大会でベスト4に入った経験をもつやずるにしては、この継続っぷりは相当珍しいもの。「海猫」を海亀のごとく海に住んでいる猫だと勘違いしている人と同じくらいに珍しいものなのです。
同期の仲間でも、2年間頑張ってブログ続けている人もいれば、最初のうちは書いていたけども、最近はぱったり音沙汰なしって人も結構いますね。まあ国やら地域やら住んでいる家やらによってネット環境っていうのはまったく違うので、そう単純に「三日坊主レベル」は比べられたものではありませんがね!

ところで先日ネットを使っていたときに、ふとしたきっかけからWEB上に残されていた、自分が18歳のときに気まぐれで書いた文章を読んだのです。このブログと同様、わりと好き勝手に思ったことを書きたいように書いた文章なんですが、これがまたひどいのなんのって(笑)
文章構造はセメントを使わずに建てたレンガの家みたいに軟弱だし、表現はジグソーパズルみたいに分かりづらいし(自分の書いたもんだからいいたいことは分かるけど)、論理には突っ込みどころが大型トラック一杯分くらいに満載。
こんな文章をよくもまあWEB上で世界中にさらしていたもんだと、なんとも恥ずかしくなりましたよ。

そこでふとこう思ったわけなんですよ。
「例えばあと10年後、今のこのボリビア生活記を読み返したとして、30歳半ばの僕は一体どう思うんだろう?」って。

きっと、「こんなひどい構造と表現と論理の文章を、よくもまあ堂々と書いていたもんだぜ、20代の俺!このブログ内の文章をかたっぱしっから進研ゼミの赤ペン先生ばりに赤ペンで修正入れていってやりたいぜ!」って思うのでしょう。そして、こんな文章をよくもまあWEB上で世界中にさらしていたもんだと、恥ずかしくなるのでしょう(笑) 予言されるデジャヴですな。

でも、しかし、けれども、されど!
こうして他人に読まれることが前提の文章を書くっていうのは、ある程度の緊張感を伴った知的エクセサイズとしてとても楽しめるものなのです。それに、「自分がボリビアで何をしてどう感じたか」っていう、ちょっとした記録にもなるしね。だから、やめません。たとえ30半ばのやずるになんと言われようともね!

とそんなこんなで、とにかく帰国のその日まで書き続けてやろうと決心している、とある休日の夜でした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。