スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らしの同居人

どうも、多くの生き物と共存しております、やずるです。

ここに住んでいると、結局人間って言うのも、数多くいる生命体の一種に過ぎないんだなーと感じることがあるのです。なんたって家の周りは「人間じゃない生命体」ばっかり。っていうとなんだか火星人のご近所さんがいるみたいな響きがありますが(別にないか)、ようするに、実に多くの虫やら動物やらに囲まれているのです。

うちの天井裏にはずんぶん前からネズミくんの一家が住んでいて、気がつくとナパーム弾みたいに糞を落としていくし(まだ直撃は避けている)、最近は軒下にゼネコン所属の蜂さんたちが、大規模な住宅建設を始めましたよ。彼らの働きぶりは、多分に見習うべきところがありますな。と思ったら、さっきのネズミくんのところにホームステイでもしているのか、ここんところはコウモリ氏が屋根裏に住み着いたのです。まあ住むのはそちらの勝手だからいいんだけども、夜中にキイキイいうのは近所迷惑なんてやめてくれい。蛇くんが何かを求めて茂みの中を徘徊している光景はしょっちゅう見かけるし、いかにも「うずらの卵をくわえて逃げ去る」っていう姿が似合いそうな大きめのトカゲはいつだってそのへんをちょろちょろしてる。うっかり敷地の門を開けっぱなしにして置こうものなら、誰かの家の牛氏らの群が勝手に入ってきて、庭の雑草抜きを始める(これはまあ、ありがたい)。

そしてついさっきの出来事。新たな隣人に会いましたよ。
夕食を終えて、自室に下りてきたのですよ。んで、いつもどおり食後のコーヒーを作ろうとしてキッチンに向かいましたとさ。

コーヒーの用意をして、あとはお湯が沸くのを待つばかり。待っている間に、午前中に使って食器の水きりの上で乾燥させておいた皿やなんかをしまう・・・。

その作業の最中、水切りとシンクの下に、一瞬なんだか緑っぽい見慣れないものが視界の端をかすめたのです。

あれ?と思って2度見すると・・・。









DSCF4365.jpg

カエルー!!

「え?ダメですか?」みたいな表情をしながら、穏やかにたたずんでいたのです(笑)

ちょいと鼻先をつついたら、それはもうチュン・リーやバルログなんかの非じゃない跳躍力で、壁キックをして僕の視界から消えていきましたとさ・・・。

僕はたまたまそういった連中が平気なので問題なしですが、苦手な人からしたら、ここはなかなか恐怖なんじゃないでしょかね。

と、そんなこんなで、孤独を感じそうになったら彼らのことを思い出して一人じゃないことを再認識しよう!なんて思っている、とある虫の声響く夜でした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

わたしはボリビアには住めない...

ゆーいちくん

実はこのエントリ、じゃんくんならいったいどんな反応しただろうなーなんて考えながら書きました(笑)

このカエルなんてかわいいもんですぜ!握りこぶし大のヤツすらしょっちゅう出没しますからね(笑)
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。