スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手頃だものここの果物

どうも、肉食系ベジタリアンです、やずるです。

はい、のっけからどうでもいいウソをついてしまったぜ(笑)
ってわけで今日は食べ物の話。

もし仮に、「ボリビア生活において喜ばしいものを3つあげよ!」という課題を出されたといたしましょう。言うまでもなくこの課題に対する返答は、住んでいる県(低地と高地では異国のように気候が違う)だとか、その地域だとか(大都会もあれば田舎もあり)、そしてなによりその人の趣味や価値観によって大きく変わってくるわけでありますが、僕の場合確実に上位3位以内に食い込んでくるだろうなと思われるものの一つに、「果物の物価の安さ」があるのです。

いつも言っているように僕はバリバリの肉食系男子ですが、実に果物が大好きなのです。果物さえあれば生きていけますね!いや、それはちょっと言いすぎだな。果物と野菜さえあれば生きていけますね!あ、でもちょっとは肉と魚もほしいかな、うん。果物と野菜と肉と魚さえあれば生きていけますね!それ以上なにがほしいんだって話ですね(笑)

物価が安いっていっても、日本と比べて安いのは当たり前。例えばここでは、2リットルのペットボトルに入ったコカ・コーラは1,5USドル程度(コカ・コーラは世界中にあるので物価を測るにすこぶる便利)。市内バスに乗るのに必要なのはせいぜい1クオーターくらいだし、食事で言えば、10ドルも出せばきれいなレストランでなかなか豪勢なディナーができるのですよ。

ところが、そういったボリビア基準の物価で考えても、ここでは果物も野菜も安いように思われます。例えばみかんのシーズンになると、トラックが文字通りみかんの山を積んで町にやってくるのです。それをビニールシートの上にざばっ!っと並べて、おばちゃんたちが売りさばくのです。




IMG_6980.jpg
みかんの山と、女の子



ここに来たばかりのときで、初めて値段を聞いたときはびっくりしました。

「おばちゃん、このみかん、いくらだい??」

「7ボリビアーノ(1USドル)だよ!」

「え?みかん1つが7ボリビアーノス?(高いし!)」

「あっはっはー、んなわけないでしょ、25個で7ボリビアーノスだよ」

マジかよ!安いぜよ!って思い、思わず25個も買おうとしましたが、重すぎるし、何より一人ぐらしの僕には多すぎると思ったので結局1ダースを3,5ボリビアーノスで買い求めましたよ。

先日もとある市場に行きましたとさ。山のようなフルーツを売っている、山のような体型をした、たくましいおばちゃんからフルーツを買いましたとさ(ここではそういった体型の中年女性がモテるのかも知れない)。

「バナナを半ダース、食べごろのパパイヤをひとつ、それからイチゴを半キロくださいな。」

んでこれにかかった値段は、2ドル程度。今のレートなら160円くらいかな?
あまりの安さに、家に持ち帰ったあと机に並べて写真をとってやりましたよ(笑)



IMG_4165.jpg
こうして並べてみると、なかなか上品な絵になりますね!


パパイヤは最近のマイブーム。レモンを絞って、そこにハチミツをちょいとたらすと、極上のデザートになるのです。
イチゴはジャムを作るために買ってきたんだけども、ためしにひとつ食べてみたら、そのおいしいこと!日本で売っている、宝石箱の中身のイチゴみたいな甘さはないけれど、きりっとした酸味があって僕の好み。口の中でその生命力を感じることができるのです。こういった果物を作ることができる農家さんはすごいと思いますね!


と、そんなこんなで、早速買ってきたイチゴでジャムをガッツリと作って満足げにほくそ笑んでいる、とある昼過ぎでした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。