スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非敬虔な経験①

どうも、ますます例の病気が進行しております、やずるです。

そう、ワタクシやずる、相も変わらず「週末じっとしていらんないぜ症候群」なのです。悪いことに、ボリビアでの残り時間が短くなるにつれて、この症状は悪化しております。
と、そんなわけで、先週末は歩きにいってまいりました。

まあ歩きにって言ったって、そんなにたいした距離じゃあないんですよ。ほんのちょいと、例えるならば庭先まで出て帰ってきたってものです。巡礼ってものがありまして、この時期に一夜かけて教会まで歩きに行くボリビアの人たちにまぎれて、我々日本人も歩いてきたのです。
ホントにたいした距離じゃあないんですよ、せいぜい2時間くらいでしょうよ。車でならね!なんたってたったの60キロですから・・・(笑)

はい、車でなら一眠りしている間に過ぎてしまうような距離を、一晩かけて走破ならぬ歩破してきたのです。
県庁所在地であるタリハ市から、でっかい教会のある村、チャグアヤまで。出発は土曜日の16時半でしたね。

チーム・物好きの仲間と共に広場に集合して、いざ始まらん、巡礼の旅!


DSC_0209.jpg
我々日本人の集団に興味津々の少女たち。10年後に再会したいですね(笑)




ちなみにこの旅、起源はなにか?とか、そもそも何のために巡礼するのか?とか、そのチャグアヤはどうして重要な土地なのか?とか、そういった根本的な疑問を解決しないまま歩き出したのです。他の人たちも大して知らない様子。ちなみに行って帰ってきた今も、大してよくわかっておりません。それでも参加したのは、「ボリビア人たちが一晩かけて大そうな距離を歩くって?面白そうじゃあないか!俺もいくぜよ!」っていうくらいのノリでした。身に染みて分かったのは、60キロも歩いて巡礼に行くなんて人は、よっぽど信仰心と足腰が強いんだろうってこと。もしくは我々のような物好きか、ですね(笑)

歩くために歩き出す。明るい人たちの集団なので、会話で気がまぎれて時間が経つのが早いのです。
はじめは市内的なアスファルトだったものが・・・


DSCF4091.jpg





・・・やがては未舗装の石ころだらけの道になり・・・
DSCF4103.jpg




湖になる。
DSC_0267.jpg
はい、この旅では船を使って湖を越えるのです。


この辺りでもう日が暮れ始める・・・。

夜はまだ始まったばかり。長い長い旅路は続くのでありました・・・。


・・・次回に続く。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。