スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーツの修理にご注意を!②

前回からの続き。

修理をお願いしたブーツを引き取りに、次の日約束の時間である昼の12時に、おっさんのやっている修理屋に行ってみたのです。


DSCF4001.jpg
靴の修理屋が3軒並ぶ通り。このミシンで器用に修理するのです。
「ごめんくださーい、昨日のおっちゃん、いますかー?」


すると・・・。


まあ案の定、というべきか。そのおっさんがいない。店は開いているので一時的に出てるみたいね。向かいのおばちゃんに聞いてみると、おっさんは昼飯食べにいっちゃったみたい。しゃーないぜ、帰ってくるのを待つしかないかな。ここでは「約束の時間」というものはあまり意味を持たないのです。
ボケーっと待っているのも退屈だったし、修理が終わってるかどうか気になったので、店の中をのぞいて見る。あったあった。僕のブーツを発見。
手を伸ばして拾い上げてチェックしてみると・・・。

案の定、というべきか。全然修理されてない(笑)
昨日残していった状態のまま、全く手付かずで放置されているのです。
ここでは「約束の期日」というものはあまり意味を持たないのです。

ボリビアに来たばっかりのときだったら、「約束したじゃないか!なんであのおっさんは修理できてないんだよ!」って、腹を立てていたかも知れません。でもそんなことで腹を立てるのは全くもってナンセンス。
仮に僕がおっさんを捕まえてそんな風に責め立てたとして、おっさんはなんと答えるか?
「昨日は忙しくてできなかったんだ」
「だって今日は日曜日じゃないか」
「わかったわかった、今すぐやってやるから」
といったところでしょう。まず謝罪はありませんね。
「申し訳ございません。お客様にご迷惑をお掛けしたことを大変心苦しく思っております。今後二度とこのようなことがないように致しますので、どうかもう少々お待ちいただけませんでしょうか?」
なんていう人がいるとしたら、それはたぶんボリビアの中では奇人の部類に入ると思われます。

というか、このケースはもはや僕の落ち度なのです。「明日の12時に来てくれ」って言われて、本当に12時に来た僕が悪いのです。せめてその時間の3時間後、もしくはその次の日に来なければいけなかったのです。ここでは「昼の12時に来てくれ!」は、「午後3時に来てくれ!」を意味するのです。まあ昼の3時に来てたとしても、修理されているかはわかんないわけですが(笑) 夜7時に開始のパーティーは、9時に始まるのです。7時に来て「2時間も待たされた!」って腹を立てるほうが間違っているのです。
彼らがなぜこのような複雑怪奇な時間の計算方法をしているのかは、なかなか興味深い謎ですね。

まあボリビアの修理屋さんたちの名誉のために言っておけば、きっと中には自分の提示した時刻にしっかりと仕事を仕上げる人もいるはずです。約束した時間にはきちんと店にいるように気を配る人だっているはずです。これから修理屋に通ううちに、そういった人に出会うかもしれません。そのときはまたこのブログにアップしようかな。

とまあなんだかんだいいながらも、最終的にはきちんと修理されたブーツを手に家路につくことが出来た、とある休日でした!


おまけ!


こちら修理が完成したブーツ。


IMG_0079.jpg
となりのリャマ人形に特に意味はありません(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あっ、きつね男だ!!
バッ!!

No title

しーまん
実に懐かしいね!キツネおとこ!
その節は僕の落書きのせいでトリ班ノートが終わるのが、めっちゃ早かったことをこの場を借りてお詫びします・・・(笑)
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。