スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不吉な予感と虚弱な希望

どうも、ブーツ好き野郎です、やずるです。

いや、別にあれですよ、ブーツ履いている女性に色気を感じる、とかそういうことを言っているのではなくてですね。ただ単純に、ブーツって物を着用するのが実に個人的に好きなのですよ。ってわけで、2ヶ月ほど前の話。
苦手で仕方がない冬の到来に備えて、その当時はよくメルカド(市場)を歩きながら、靴屋を見かけるたびにその前で立ち止まり、ブーツが売っていないか探していたのです。僕にとっての冬の必需品。去年使っていた日本から持ってきていたティンバーのブーツは、農場で遠慮なく使いすぎたら、ちょいと人目にさらせないくらい汚れてしまったので、今年は選手交代。まあこれくらい汚れるまで使用されれば、ティンバー君もきっと喜んでいることでしょう。

と、そんなわけで靴屋の前を通るときは、そこに並ぶブーツたちを、それはもうミニスカートの女性の脚を眺める中年のオッサンのような視線で、なめまわすように見ていたのです。
そんなある日、「キツネ男」っていうキャラクターがはいていたものにソックリなこげ茶色のブーツを発見!手にとってよく眺めて、靴屋のおばちゃんの口車にひょいひょいと無賃乗車して(この革は丈夫だよ!あんたには特別に20ボリビアーノス引きで売ってあげるよ!うちほど安く売っている店はないよ!)、思わず購入しちゃったのです。値段は120ボリビアーノス。7ボリビアーノス≒1USドルってとこなので、今の1ドル80円計算でいくと1400円くらい。見た目は丈夫そうだし、僕の好みの色だし、値段は安いし、おまけにその隣にあるアメリカ産のブーツはその5倍の値段がするってことなので、そいつ決めましたとさ。

買い物っていうのはなかなか心躍るものなのです。早速次の日履いて町に出てみる。うん、悪くない。まだちょいと硬いけど、履いているうちにやわらかくなるでしょう。これからの相棒だ。よろしくたのむぜ!と。

でもなんだか知らんけども、そのとき嫌な予感が頭をよぎったんですよ。予感っていうか、「こんな安物のブーツがそんな長持ちするかね?」っていうような不吉な疑問が。

ギリシャ神話のカッサンドラの予言は、いつも不吉で必ず当たる。僕のこの予感も、残念ながら当たってしまいましたよ。なんで「嫌な予感」って必ずと言っていいほど当たるんですかね?それに引き換え「希望的観測」ってのは往々にして裏切られるものだけど。だれかそのメカニズムを解明してください。

新品のブーツを使用し始めてから2週間ほどで、足首のところの縫い目の糸がぶちぶちと切れ始めたのです・・・。おい、マジかよ。確かに安かったけど2週間はないだろうがよ。

まあ糸は切れ始めてるけども、全く使えなくなったわけじゃない・・・。と、ガマンしながら使用し続けて1ヶ月。そのほころびはかなり大きくなり、もう靴紐をぎゅっと締めても変わらずゆるいまんまっていう状態まで来てしまいました。
それは僕に、いくら事業仕分けでをしても結局どこかで変わらず無駄遣いされつづけるとある国の税金を連想させる。
いくら締め付けたって、ほころびがあってはムダなのさ。まずはほころんでいるところを修理しなくっちゃ。

とそんなこんなで、明日にもこのブーツの修理をお願いしようと思い立った、とある夕暮れでした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。