スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとなんかしてらんない!②

前回からの続き!


まだ12歳のディジー君。高校生のチェスの大会にも参加しているらしく、ちゃんと筋道を立てて作戦を立てて攻めてくるのです。クレバー・ボーイですね。

ディジー君と僕が将棋をやっているのを、興味深そうに眺めていたイスラエル人(ユダヤ系)の兄ちゃん。僕らの勝負が終わったあと、「俺にもやり方を教えてくれ!」って言ってきましたよ。

この兄ちゃんもチェスをよくやるらしく、呑み込みがとても早いのです。コマの動きをすぐに理解する。ただ、「相手のコマを倒すと、それを自分のものとして活用できる」っていう説明をした途端、「What!?」って驚く。それから、相手の陣地3列目に入ると、動きが変化することに関しても「What!?」って(笑)

まあなんやかんや言っていても始まらない。とにかくやってみましょうや。ってことで対戦開始。もちろんはじめからそんなにうまくできるわけがないけども、ちゃんとルールは理解した様子。
「too complicated・・・」(複雑すぎるぜ・・・)って愚痴りながらも、ちゃんと対戦しているのです。
うん、素晴らしい!なんて賢いんだ!

2回僕と対戦したあと、もうこの兄ちゃんが先生になって、他のイスラエル人の友達にルールを教えて対戦してましたよ。

IMG_0238.jpg
対戦開始!カメラを向けて、ハイこっち向いて!って言ったらにっこり。もう一人は超集中。

ってゆーか・・・。

イスラエル人の連中、みんな英語はネイティブばりにうまくしゃべるし、スペイン語も(それほど上手でないにしろ)ちゃんと理解するのです。おまけに将棋を理解するこの早さ・・・。「どこで英語を覚えたんだ?」って聞いたら、「学校で6年やるからね。授業がいいから身に付くのさ。」だってさ。

日本でも多くの人が中・高と6年間やるけども、身に付く人間なんてほとんどおらんぜよ・・・。まあ彼らのライティング・リーディングのスキルは知らないから、単純に比較はできないけども、あの感じだとその分野も問題なさそう。

そういえば、人類史上最高の天才、アルベルト・アインシュタインもユダヤ系だったけか。アメリカ合衆国は、その人口の数パーセントに過ぎないユダヤ人たちにトップを占められているって話も聞いた事あるし。んー、実に侮りがたし、ですな。

と、そんなこんなでいつの日かイスラエルの英語教育の中身がどうなってんのか、見学に行ってみたいと思ったとある週末でした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。