スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなんです僕の困難②

前回からの続き



最初は、「空手やりたくないやつらは全員座って見学!」ってしていたのですが、なんせ10歳前後の子どもたち。じっと座って1時間だなんてとてもじゃないけど耐えられない。結果おしゃべりをして、他の練習している子たちの集中力を切れさせてしまうのです(子どもたちの集中は、木綿糸の強度の40分の1くらい)。
仮に見学者が1人や2人で、じっとしゃべらずに1時間いられるとしても、せっかくこの「来たい子達だけが来る学校」に、少なからず意欲があって来ている子たちに、何もせずに1時間過ごさせるのってどうかね?
「子どもには忍耐力のしつけが必要で、1時間くらいはじっと出来ていなきゃいけない」っていう意見もありですが、それはここの校風と合わないのです。


OK、じゃあこの子たちを見学させるのはやめにしよう。空手をやりたくない子達をリストアップして、他のクラスに組み込むのはどうか?
とそうすると、他のクラスはすでにメンバーが固定していているので、そこに入り込むと余地はなし。基本的にここは人手不足なため、いつでも新しいボランティアの先生を募集しているのです。

んー他のクラスでは受け入れられない。先生不足・・・。


OK、作戦変更。じゃあやりたくない子達は、外の庭に出て遊んでおいで!

としたら、空手をやるスペース(屋根はあるけど半屋外)からその庭はすぐ近くでよく見えて声も通るため、やっぱり練習中の子どもの気を散らしてしまうのです。加えて、「この学校は遊ぶための場所ではない」という根本的なアイディアもあるので、外で遊ばせるのもやっぱり違うんじゃないかね・・・。


あー、どうすっぺかな・・・。せっかく来ている子たちに、空手やりたくないんなら帰れ!って言うワケにもいかないし・・・。


といった悩みを抱えた中で、新しいボランティア登場!イタリアからの旅行者、「フランチェスコ」が、1ヶ月っていう短期だけども、ここに滞在することに!

おお!これはもしかしたら束の間の天の助け?やったぜ!心の中でガッツポーズ!

フランチェスコが受け持つ科目は英語とスポーツ。英語は高校生のみを対象に教えて、子どもたちにはサッカーを一緒にやるのです。

と、いうわけで、フランチェスコの助けを借りることにしたやずる。

見学させるのもダメ、外で遊ばせるのもダメ、他の音楽や絵画の授業に組み込むのもダメ。
そこで、グラウンド(空手のスペースからは離れてる)で、フランチェスコがサッカーの授業を見てくれることに!おお、助かるぜよ!では「空手嫌い組」をよろしくフランチェスコ!

ってことで、
「空手やりたくない子たちは、フランチェスコ先生と一緒にグラウンドに行くように!」と指示を出す。これで問題解決。あー良かった。空手を練習してる子も満足。やりたくない組も満足。

・・・が!!

次回に続く。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。