スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴びるばかり月明かり

どうも、新しい遊びを覚えました、やずるです。

 こういう書き方をすると、まるでゲーセンに入り浸り始めた高校生とか、マリファナ吸い始めた大学生とか、酒びたりになり始めたろくでなしみたいに聞こえますが、僕が最近覚えた遊びはもうちょいと低刺激でロンリーでエコノミーで、それでもぜいたくな精神的デトックスなのです。





 その遊びっていうのは「月光浴」なのです。





 前にも書いたような気がするのですが、今の僕の家の周りは民家やらお店やらは全くなく、ついでに街灯すらないのです。したがって、夜になると星がちょいと感動でシビレちゃうくらい良く見えますよ。夕食後に、南半球でしたか見えないって言われている、天の川の中の南十字星を眺めるのは実にステキなものなのです。新月の夜の星の美しさといったら、ちょいと筆舌に尽くしがたいですね!

 そういった星空の美しさもさることながら、満ちた月の明かりってのもいいものなのです。そこで最近始めたのが、月明かりがきれいな夜に、庭に肘掛イスを出して、緑茶(日本から送ってもらった!)でも飲みながら月明かりを全身に浴びるっていう月光浴。ね?低刺激でロンリーそしてエコノミー。


IMG_9984.jpg
肉眼で見るよりもこっちのがちょっと明るいかな?僕の写真の腕では月の光の美しさは表現しきれんですね!ここでお茶飲みながらの月光浴。実にぜいたくなのです。



 月の光ってのは透き通っていてやわらかくて、世界を青白く照らし出すのです。それが何とも言えず「いとをかし」で、まるで海底に身を横たえているような気分になりますね!できることなら全裸になって横たわり、その光を一身に浴びたいと思うのです。
・・・きっと蚊に刺されすぎるから却下(笑)


ここに来るまでこんなにも月が明るいなんてこと、これっぽっちも知りませんでした。以前天の川のきれいさに心を打たれたときも感じましたが、20年間もこんなに明るい光を見逃し続けていたことに軽いショックを覚えます。満月の夜には懐中電灯なんて一切いらんとです。月がこんなにくっきり影を作りだせるものだって知りませんでしたよ。

昔の人が詠んだ俳句や短歌の中に、月についての歌がたくさんあることにも納得です。こんだけ照らされてりゃあ、そりゃあ詠みたくもなっちゃいますよね。

そういやどっかで読んだホントかどうかは定かでない話ですが、満月の夜には犯罪の件数が減るんだとか。
というわけで、日本の警察の使うカレンダーには月の満ち欠けが描かれていて、さらに満月の日の、夜勤の警官の人数は、普段の3分の1まで減らされるんだそうな。

・・・うん、今の警察のくだりはただの思いつきのフィクションです(笑)

でも、太陽光に人を前向きにするチカラがあるように、月光には高ぶった神経を落ち着かせたりとか、呼吸を深くするのを助けたりだとかっていうチカラがあるような気がします。ホットココア同じですね!
・・・っていうと、一気に安っぽくなっちゃうけど(笑)

とまあそんなこんなで、これから寒くなってきたら月光浴も一苦労だぜ!って思った、とある満月前夜でした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。