スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重要な教養

どうも、いっちょ前に教育者気取りです、やずるです。

こどもたちに授業を行うイチ教育者として、一つ気になることがあるのです。以前日本で、「小学校に英語の授業を導入する」っていうのが検討されていたと思いますが、これって結局どうなってるんですかね?もうすでに導入されてるんでしょうか?それともこれから?むしろ廃止になりました?

もうここに一年以上住んでいるのに、まだまだスペイン語が完璧に理解できない私やずる。日々ボチボチ勉強は続けていますが、まだまだ道のりは遠そうです。仮に僕の英語力が今よりずっと高かったら、それに合わせてスペイン語の習得ももっと楽になっていただろうなってよく思います。
しっかり習得していれば、単語を探して会話を止めることがなくなるし、映画を見ても楽しめるし、言葉を間違えて笑われることもなくなるのです。

僕に限らず、言葉の習得は他の隊員も、四苦八苦している部分だと思うのです。

そんなわけで、「あー、もし僕に英語力がもっとあったならー」っていう無意味な仮定法を使ってみたりしているのです。

・・・なのですが。

冒頭に書いた、「小学校に英語の授業を導入」っていう案、僕は反対ですね。っていうと上に書いたことと正反対の意見になるのですが、ちゃんと理由があるのです。


まず、我々外国人は、言葉を知らなかったり間違えて使ったり相手の言うことが理解できないっていう言語の壁は誰しもが少なからず持っているもので、語学力が低くてもそれは大して恥ずかしいことではありませんし別に軽視もされません。日常生活はちょいと不便ですが、語学なんて間違えた数だけ覚えていくものだし、それに基本的なことをおさえていれば、あとは気合でなんとかなるもの。ここで「気合でなんとかしている人たち」にたくさん出会えましたよ(笑)

じゃあ何が問題かっていうと、自分の国に誇りを持っていなかったり、もしくは自分の国の歴史や文化を知らなかったりすることなのです。


日本の人口はどれくらいか?大きさはどれくらいか?県はいくつに分かれているのか?
これくらいはさっと答えられるにしても、
日本の宗教はなにか?サムライはなぜ日本からいなくなったのか?第二次世界大戦に参戦したのはなぜか?車が左側を走るのはなぜか?
なんてのになってくると、ちょっと答えるのが難しくなってくるのです。

僕が一番恥ずかしい思いをしたのが、「第二次世界大戦のときの、日本の天皇ってヒロヒトっていうんだよな?」って聞かれて、はっきりと答えられなかったこと。
「んーたしかそうだったかな。うん。日本ではいつも名前では呼ばないからなー」なんて言って午後の紅茶を濁しましたが、その程度のことを知らずに日本人をやっているのが実に恥ずかしかったのです。

よく、「海外に出ると、自分がいかに日本のことを知らないかを思い知らされる」なんていうけども、他の隊員でも同じようなハズイ経験をした人はきっといると思うのです。

ってわけで、小学校の貴重なコマ数を英語に費やすよりかは、もっと日本の歴史だとか文化だとか国語だとかをしっかり勉強させて、日本って国がどんだけ素晴らしいかってことを小学生に教え込んで洗脳することのほうが重要だと思う今日この頃。

とそんなこんなで、自分にもまだまだそういった教養がたりないと日々実感している、とある秋の夕暮れでした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。