スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張るのさカルナバル

どうも、約1ヶ月の時差でブログをお届けしております、やずるです。

ってわけで1ヶ月前の話を書くのです。

皆さん、「オルロのカルナバル」って言葉聞いたことありますか?一応ボリビアの中では、ブラジルのリオのカーニバルに並ぶイベントだとされているのですが・・・。

オルロはボリビアの中の町のひとつ。3800メートルの高地に位置する、わりと規模の小さな町なのです。あの「地球の歩き方」にさえ、「見るべきものは少ない」と書かれているのです。

・・・が!しかし!

 年に一度、2~3月にここで開かれるカルナバルの時期は、そのイベントを一目見ようと、ボリビア中、南米中、世界中から人が集まり、町が人で溢れんばかりとなるのです。

 カルナバルは2日間。その週はオルロの町はもちろんのこと、ボリビア全土が休日となります。当日は、朝から夜中まで、何百人、何千人という人間が、歩いて4時間の道のりを、ひたすら踊りながら進むのです。もちろんみんなこれでもかってくらい着飾ってね。どうぞ下の写真をご覧くださいな。

DSC04957.jpg
めっちゃ重そう…これで踊れるんですかい?

DSC04963.jpg
上に同じ…。おとうさん、あんまり無理しすぎないで。

IMG_3826.jpg
こどもたちは実にかわいいものなのです。



そんなカルナバルに、やずるも行ってきましたよ。もちろん「見に」ではなく、「踊りに」ね!

 毎年ボリビアの隊員が参加させてもらっているダンスのチームがあり、この度僕も便乗させてもらいました。トータル100以上のボリビア人で構成されているチームに、20名ほどの日本人が参加。カルナバル前日に現地入りし、その日の夜に気合入れてダンスを練習。次の日の昼にはもう本番という、なかなかハードなスケジュールなのです。

 ってわけで、はいもう本番。前日に練習しただけの付け焼き刃的なダンスを踊りながら進むのです。

IMG_3867.jpg
こんな感じの道をひたすら進む。すごい歓声!


 やっぱりアジア人の集団なんてのは実に珍しいので、踊っていると観客の反応が実に面白いのです。みんな我々が通るだけでものすごいリアクションをしてくれるのです。

P1010293.jpg
やっぱりノリがラテンですね(笑)



試しに観客に向かって笑顔で投げキッスをしてみると、絶叫と湧くような拍手喝采(笑)

・・・軽くジャニーズになった気分を味わえますよ(笑)

でも4時間踊り続けるのはサスガにきつい!坂道もあるし、何よりここは3800メートルの高地なのです。踊りが終わるまでには、我々高地とダンスに不慣れな日本人ヘトヘトになっておりましたとさ。

それでも、一生に一度っていう貴重な体験をさせてもらい、とても満足したとあるダンス日和でした!

P1010284.jpg
おまけ。同じチームで踊った女性隊員たち。次の日新聞に載りましたとさ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

それ見た事あるわ!!ってか、リオのカーニバルに゛並ぶ゛祭か。。。リオのカーニバルと同じような祭やと勝手に勘違いして、露出の多い衣装かと思って写真見たから…ガッカリしたがな!!!!笑)

No title

京男
実はリオほどではないにしても、激しい露出の衣装もたくさんあったのです!そりゃあもうすごかったですよ。どうすごかったかはご想像にお任せいたしますが…(笑)日本に帰ったら写真見せるね。あと9か月とちょっと!!
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。