スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感傷を鑑賞③

前々回、前回からの続き


ビジャモンテスの苦境の中にいたとき、日本から荷物が届いたのです。
郵便局からTELが入り、引き取りに行くことに。20キロの重たい荷物なので、タクシーに乗って運んでもらう。

一人暮らしの部屋に戻り、早速カッターで開封する。

目に入ったのは、実に日本を出て以来、半年ぶりに出会った本の山たち。なつかしいぜよ。
と、最初の本の上に手紙らしき封筒があるのを発見する。

開封してみると、案の定それは母からの手紙だった。

手紙の内容は実に「母から子への手紙」的な手紙だった。苦境の中で精神的に弱っていたやずる。ちょっとぐっと来る。
その手紙の中に、「あなたのことだから、温かい人に囲まれて、愛されて、楽しく過ごしていることでしょう」っていう文があった。

・・・いや、期待させて悪いんですが、実際今の僕は全然そんなんじゃないっす。むしろその正反対です。すいません。

って心の中で返答する。返答したあと、自分の情けなさが嫌になってくる。それに合わせて普段の生活のつらさが、急に2倍3倍にもなって胸を締め付けてくる気がする・・・。言いたいことを伝えられないつらさ。相手を理解できないつらさ。ここにいる意味がわからなくなっているつらさ。


ノドの奥がごつごつして痛い。あれ?この感覚ってなんだっけな?気がつくと、視界が涙でぼやけてくる。あ、そうだ、泣きたいときってこうなるんだった。思いっきり泣いちまったら楽になんのかな。

それでもとりあえず手紙を読み終えて、荷物の開封を続けようとする。

すると、母にあとから詰めるように頼んでおいた、ほんだしやら緑茶やら、デンタルフロスが出てくる。それも、尋常な量じゃない。どれも2年どころか、10年かかっても消費しきれないくらい入っている。

独り言をつぶやく。

「こんなにたくさん、使いきれねーよ・・・。」

声に出してみて、日本語を口に出したのが久しぶりだってことに思い当たる。自然と出てくる祖国の言葉は舌になめらかで、不思議と心地いい。

このあたりが、限界だった。


さっきまで涙でぼやけていた視界は、もはや完全にふさがれていた。
僕は床にはいつくばって、大声を出して泣いた。こんなに全力で泣いたのは子どものとき以来っていうくらい、泣いた。床に額をこすりつけて、拳で床を叩いた。

こういうとき、一人暮らしでよかったなとつくづく思うのです。


そのあと20分近くも泣き続けて、ようやく治まりましたよ。こんなに大量の涙を流したのって、おそらく人生で初めてなんじゃあないでしょうかね。
この大泣きのあと、非常に気持ちがすっきりとしたのを覚えています。

ちきしょー、泣くのは娘の結婚式の時だけって決めてたのになー。
ボリビアに来てからつくづく思うけども、家族ってありがたいものですね。あまりに身近なため、普段からその大切さを身に沁みて感じるのって難しいものですが、こういうことがあると思い知らされるのです。


っとそんなこんなで、なんだか一年も前のことを思い返して感傷に浸っていた、とある朧月夜でした!
スポンサーサイト
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。