スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語に警告

どうも、英語を深刻なまでに話せなくなりつつあります、やずるです。

以前はそれなりに言いたいことは一通り言えたし、英語の会話でストレスを感じることってあんまりなかったのです。それというのもカナダへの語学留学のおかげ。日本に帰って来てから、特別練習はしていなかったけども、例えば外国人に道を聞かれたりしたときはさっと英語が出てきて非常に便利なものでありました。

そしてボリビアに来てから1年とちょいが経ち、どうしようもないくらいに英語が話せなくなっている自分に気付いたのです。

随分前から予兆はありました。例えば外国人が集まる観光地に行ったときなど、必然的に英語を使って会話します。んで英語をしゃべろうとする…のですが!口から出てくるのはスペイン語ばかり。英語はまったく出てこずしどろもどろのてんてこまいになるのです。
それでも最初は、「まあまたちょっとばかし練習すりゃあ以前みたいに話せるようになるでしょー、ダイジョブダイジョブ!」って楽観的だったけども、最近不安を感じつつあります。

先日バスのターミナルにいたときのこと。白人的な顔をした人が僕の方に来て、何かを聞きたい様子…でも外国人丸出しの僕に対して、何語で話しかけたらいいのか戸惑ってる様子なのです。ボリビアにはスペイン系の白人の血を濃く残している人たちもたくさんいるけども、僕は勝手にその人のことをヨーロッパだかアメリカからの旅行者だと思いました。なので、こちらから先に「English?」って聞いたら、「Oh, Yes!」って言ってそれから英語で会話を始めました。随分きれいな発音で英語を話す彼。気が付くと彼の来ているTシャツには「Canada」って書いてある。あ、カナダ人なのかなー。

どこに行くのか、どのバス会社で行くのか、ボリビアで何をしているのか・・・などなど。。。
そんな会話を僕のたどたどしい英語と彼の流暢な英語で行いました。相手の言ってることはわかるんだけども、英語が全然出てこなくてそれはもうフラストレーション。ショックだったのが、「空手を子供たちに教えているんだ」って言おうとしたんだけども、teachとか、teacherっていう中学生が習う単語が出てこなかったこと…。これって重症じゃん?(笑)

んで相手が、「Where are you from?」って聞いてきたから、「I’m from Japan, and you?」って聞いたら、「I’m from Santa Cruz」ですって。はい、サンタクルスってのはこの町の名前です。え?地元の人?じゃあスペイン語話せるんだよね?ってスペイン語で聞いたら、もちろん!だって(笑)

ボリビア人かよ!早く言えよ!つーかなんでそんなに英語ネイティブ並みに流暢なんだよ!

そこからは英語からスペイン語に切り替えて、ようやく落ち着いて会話できるようになりました。

どこで英語勉強したの?って聞いたら、「カナダに住んでいたことがあるんだ」ですって。なるほどね、どおりで。

とそんなこんなで、ちょっとここいらで気合入れて英語やんないとまずいことになる!という危機感を抱いている、とある快晴の洗濯日和でした!
スポンサーサイト
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。