スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しちゃったぜ一時帰国②

前回からの続き。

早起きして集合場所に行き、他の日本人の人たちと合流してバスに乗り込みサンフアンに向かう。3時間の道のり。
今回のこのイベントは、日本人居住区であるサンフアンとオキナワ、それからサンタクルス市の老人会が一斉に集まるイベントなんですって。ってわけで、周りは老人会のおじいさん、おばあさんが多数派。バスの隣の席に座った、品のいいおばあさんに話しかけてみる。

「ボリビアにはどれくらい住まわれてるんですか?」


返答はなんと・・・。
50年、ですって。
僕と同じくらいの年でボリビアに来て、それから何度か一時帰国などはしつつも基本的にコチラにすんでるとな。

50年って歳月を考えてみる・・・。50年、50年・・・。
・・・なんだか永遠みたいじゃないですか?


出発してから3時間弱。ケツが痛くなりだした頃にバスが目的地、サンフアンに到着!パッと見はあんまり他のボリビアの町と変わんないけど(何せボリビア人のほうが多いし)、
イベント会場の体育館的なところに着くと、おうおう、いるいる、日本人がたくさん!老人会の人たちの多さもさるコトながら、現地の日系2世、3世の人たち、それから仲間の隊員も。全部で軽く100人はいましたね!これだけ多く、色んな世代の日本人が集まっているのを見るのは実に久しぶりなのです!実に日本を離れて以来の状況。周りでみんなが話している言葉も日本語!いやー、もはや気分は一時帰国(笑)

イベントは進み、昼から始まるやずるにとってのメインイベント。その名も昼食(笑)

期待通りいなりずしをはじめとする普段は絶対食べられない日本食の数々。。。いや、ホントに来てよかった!好奇心は猫をも殺すどころか食欲を満たしてくれたのです。

イベントが午後の部へ。他の隊員がステージで踊ると聞いていたので、荷物を座席に置いてカメラ係。ソーラン節!かっこええ!

自分の座席に戻り、ふと気がつく。
「あ、サイフと携帯、カバンの中に入れたまま座席に残してたんだ」って。

普段なら絶対にやらない行為ですね。貴重品を残したまま席を離れるって。やるとしても必ず誰かに一言「荷物見といて」って頼みます。
特に意識していたわけじゃあないんだけども、この一時帰国的体験に、気が緩みまくってるのを改めて実感。周りにいるのが日本人ってだけで、特別な連帯感だとか信頼感が生まれてるんですね、きっと。

日本人であるっていう「血の繋がり」は実に濃いものだってことを再確認。

イベント終了!最後にはなんと和菓子のお土産までいただきましたよ。何とも嬉しい限りです。任地に帰ったらちょっとずつたべよーっと。

と、そんなこんなで、陸路の一時帰国が可能であることを発見した、とある週末でした!
スポンサーサイト
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。