スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥じらい・ためらい・やずり合い

どうも、無計画野郎です、やずるです。

前回文章を書き始め、思ったことを思ったままに、そこはかとなく書きつけつれば、結局エントリ2回分予定していたテーマとは全く違うことを書いてしまったのです。

そんなわけで今日はその本来書こうと思っていたテーマを改めて書こうと思いますね!

前回「道徳」についての話を書きました。そこで言ったように、今までここで「ボリビア人には道徳ってものがないのかよ!」って思ったことが何度もあるのは事実。

でもここで生活していて、「この姿勢は我々日本人も見習わなきゃ!」って思う部分ももちろんあるのです。

その一つがバスの中での、座席譲り合いの精神。

おばあさんとか妊婦さんとか子供を抱えたお母さんとか、疲れた顔したおじいさんとか太りすぎてるおばさんとか(この人は運動が必要、だけど立っているのは辛そう)が乗ってくると、若者たちはそれはもう反射的に…って言ったらちょっと誇張かもしれんけども、さっと席を立って、「ここに座りなよ」って譲ります。大人も子供も、才女も次男も美男子も、女子高生も中年も、みんな座席を自然に・気張らず・さりげなくやずります・・・じゃなくって譲ります。
 

優先席なんてこの国には存在しませんが、そんなものを設けるまでもなく全席が優先席なのです。

そういやいつからか、どっかの市営地下鉄が、「全席優先席」なんていうことを始めたのです。そりゃあもうアホかと思いましたよ。優先席っていうのは部分的に限られていたから効果があったのに、全席を優先席にしちゃったらその限定効果もなくなっちゃう。もし全席を優先席にしたいんなら、そんな昨日印刷したばかりの「全席優先席」の札を貼るこよりも、乗る人たちの譲り合い精神を育てるのが先ぜよ。

っていうような地元批判はおいておき、話を戻すことにしよう。

この譲りあいの精神、我々日本人も見習うべきところがあると思うのです。やずる個人の感想としては、高校・大学の電車通学7年間を通じて見てきた日本の電車での「譲り合い度」よりも、ボリビアの「譲り合い度」のほうが圧倒的に高く感じます。
 なんでですかね?日本人の道徳が足りんぜよってことでしょうか?

 僕は思うのですが、座席を譲る前の、「一瞬のためらい」があるかないかで、この差が出てくると思うのです。

ってわけで、もしもシリーズ、早くも第2弾(笑)

イメージしてくださいな。あなたは電車の座席についていて、ほかの席は埋まっている。もしもそこにおばあさんが乗ってきたら…。
親切で若いあなた。もちろん席を譲ろうとする…。その直前、こんなことが一瞬頭をよぎりませんか?

「自分が立って席を譲ろうとしても、「次の駅で降りますから」とか言われたらどうしよ」
「まわりの人から偽善者だって見られたらどうしよ」
「あたしゃあそんな歳じゃあないわよ!って怒鳴られたらどうしよ」←(笑)


まあためらう理由は人それぞれだけども、なにかしらこういったためらいを感じたことってないですか?これらは集約すると、「まわりの人の目を気にする恥らい」からきているんじゃあないかとやずるは思うのです。


ん~、とここまで勢いでつれづれなるままに書いてみたはいいけど、結論に困ってしまったぜ!(笑)

とそんなこんなで、どっか鉄道会社の回し者みたいなエントリとなった、とある休日でした!
スポンサーサイト
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。