スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高価な硬貨

どうも、慢性的に小銭不足です、やずるです。

僕は多いときには一日4回市内バスに乗るんですが、そこでの支払いは大抵コインでしか受け付けてくれないので、普段の買い物の中でできるだけ貯めようとしてます。
しかしながらここでは買い物するとき、お札よりもコインで払うほうが喜ばれます。大きな額のお札で支払おうとすると、嫌な顔されること多し、なのです。コインのお釣がなくて、隣の店まで店員さんが小銭を借りに行く光景もよく目にします。全体的に硬貨の流通が少ないみたいなんですな~。

さて、ある日の話。

仕事から帰って夜8時くらい。夕飯を作るのが面倒だったので、近くの安くておいしい食堂に行こうと家を出たのです。家を出て大通りまで出る途中の道で、近所に住むジョルディーくん兄弟に出会いました。12歳と10歳の男の子。いつも裸足で駆け回ってる、元気いっぱいの少年たち。

「やあ、やずる。どこ行くの?」って兄の方が聞いてくる。
「あそこの食堂でメシを食べるのさ~。君らはどこへ?」
「あっち」って言いながら、二人で公園の方を指差す。
「ねえ、やずる。今コイン持ってる?」って弟が聞いてくる。
「コイン?ちょっとなら持ってるけど?」
「今夜食べるパンを買いたいから、貸してくれない?」

来たか~と内心思う。ここに来てから色んなこどもたちと仲良くなったけど、ちょいちょい「これおごって!!」とか、「コインちょーだい!」とかって言われる。一人にあげだすとキリがないし、何より「あの日本人に頼めばお金もらえるよ!」みたいな噂が流れても困るので、基本的には断ります。フルーツを多めに買って、公園でみんなで分けながら食べたりはよくするけども。

「お金貸して」って言って来たこの弟の方、10歳にしてはしゃべり方も大人びていて、アニキの方よりもしっかり者で利発な感じがするんですよ。でもこのときばかりは何だか恥ずかしそうに下を向きながら僕に頼んできた。いくら必要なの?って聞いたら、小さな声で3ボリビアーノ(40円くらい)って。

普段はあんなに元気な子が、40円のために目の前でこんなに小さくなってる。しかもそれが今夜食べるパンのためって・・・。

なんだかいたたまれなくなって、その場でコインを渡してしまいました。僕には断れるだけの強さはありませんでした。「ちゃんと返さなきゃだめだぜ!」って笑顔で言うのが精一杯でした。

お金のトラブルを避けるためには貸さないのが一番・・・っていう理屈はよく理解できるし、大人に頼まれても断るだろうなって思うけども、こんな風に子どもにから言われると、僕としてはグラっと来てしまうのです。

ん~例によって、どうすりゃいいのかわからんぜ!正解なんてないんだろうけども!

そんなこんなで、「下手の考え休むに似たり」って言葉を考えた人は偉人だな~っと思っているとある夜でした!
スポンサーサイト
プロフィール

やずる

Author:やずる
あ、どうも、ご来店ありがとうございます、やずるです。
2010年1月から南米・ボリビア在住の青年です。

ノリと気合とフィーリングだけで生きちゃってる直観系男子。

ポジティ部所属。最近はアクティ部にも入部希望中。
人と猫とその他の動物と酒とチョコレートが好き。

2012年1月までのボリビア生活を、つれづれなるままに更新します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。